頬のたるみが目立ってきた…


コラーゲンの生成によって、肌は弾力が維持されています。
加齢によって生成されるコラーゲンの量が減少することから頬のたるみや顔全体の肌のたるみが起きるとされています。加齢と共にコラーゲンが作られづらくなるのは、年を取って血の巡りが悪くなったことから、皮膚の細胞に栄養が行き届かなくなるためだといいます。老化だけが頬のたるみの原因ではありません。毎日の精神的なプレッシャーや紫外線の肌へのダメージなど、活性酸素の増加によってコラーゲンが壊されることも理由にあります。
体重が増えるなどで皮膚の内側の脂肪が多くなると、重くなったぶんの皮膚が下に引かれてたるみになります。いきなりのダイエットも要注意です。劇的に脂肪が減ったことで皮膚に余分な部分ができてたるみになることがあります。皮膚の張りが失われることによって顔の表情筋が垂れ下がることで起こる頬のたるみであると考えられます。
年齢の影響などで顔の筋肉が減ったことで、皮膚がサポートを失ってたるむケースもあります。むくみやすい人もたるみの理由になります。きちんとしたケアを行わずに余分な水分を身体に溜め込み続けると顔だけではなく身体全体が少しずつ蓄積されて水分の重みでしたに垂れ下がってしまいます。結果、頬のたるみとなり、ブルドックの様な頬へとつながるとされています。






ブルドックの様な下がった顔・・・あぁ〜悲し。。。